MENU

経験した人にしか分からない更年期障害の辛さ

私は5年前から更年期障害の症状に悩まされていました。

 

最初はめまいやふらつきから始まり、食欲が全くなくなってしまったので、何か深刻な内臓の病気ではないかと病院に行ったのです。

 

ところが特に異常は見つからず、医師から「更年期障害でしょう」と言われて胃薬を処方されました。

 

それから半年程してやってきたのが「ホットフラッシュ」と「動悸」です。

 

急に身体中がほてり、冬でも汗がドッと出て、同時にドキドキと激しい動悸が起こりました。

 

夜寝ている時にこれが起こると、「死ぬのではないか」と不安になりパニック発作を起こして息苦しくなってしまいます。

 

ところが病院に行っても抗不安剤を処方されるだけで、何もして貰えません。

 

更年期障害の不定愁訴の厄介なところは「倒れそうで倒れない、ギリギリの具合の悪さ」です。

 

毎日「今日の自分の体調」が気になって仕方なく、それによる不安感で悪寒が走ることもあります。

 

精神薬に頼りたくなかったので、何か良い方法はないかと探していました。

 

すると、ネットで整体を受けることで血流が良くなり、更年期障害の症状が改善されるという情報を得たのです。

 

早速自律神経失調症や更年期障害を得意とする整体院を探して施術を受けました。

 

初めて施術を受けた日は頭がボーっとしましたが、夜ぐっすりと眠れて動悸や不安感はありませんでした。

 

最初は毎週施術を受けて、それから2週間に1度、1ヵ月に1度のペースにしました。

 

施術を受けて3ヵ月目になりますが、不快な症状がかなり改善されてきました。

 

ゼロではありませんが、ホットフラッシュや動悸、不安感があっても「大丈夫」と安心できて、毎日普通に生活できる様になっています。

 

更年期障害で悩んでいる人は、是非整体を受けてみることをお勧めします。